借主、貸主双方にメリットがある定期借家契約の賃貸

定期借家契約の賃貸物件とは?

賃貸住宅と言えば、2年という契約期間はあるものの、借主が退去したいと思うまで住み続けられるのが普通ですよね。ところが、はじめから期間を決めて、契約期間が終わったら退去しなければならない、という物件もあります。それが定期借家契約の賃貸物件です。契約期間は1年~3年程度で、借主と貸主双方が合意しない限り、契約の延長はありません。つまり、借主は、もう少し住みたいと思っても、貸主が了承してくれなければ引越しを余儀なくされます。

定期借家制度が定められた目的は?

定期借家契約は、平成12年に定められた定期借家制度によって認められるようになった契約で、主に貸主の権利を守るために新しく定められました。賃貸住宅において、借主の権利は過剰に守られており、普通契約では、たとえ家賃を滞納している借主であっても、簡単に出ていってもらうことはできません。悪質な借主に懲りて部屋を貸したがらない貸主が増える中で、貸主が部屋を貸しやすくするために定められました。貸主が安心して部屋を貸せることで、良質な賃貸物件の供給増を目指しています。

定期借家物件の借主のメリットとは?

定期借家契約の賃貸物件は、借主にもメリットがあります。初期費用や家賃を抑えられることや、更新料が不要なことなどです。住める期間が限定されているため、どうしても借り手が限られてくる定期借家物件は、貸主が相場よりも家賃や敷金、礼金を下げる傾向にあります。更新がありませんので、もちろん更新料も不要です。転勤などで一時的に部屋を貸したい個人の貸主が多く、一戸建てや分譲マンションなど、良質な物件が多いこともメリットです。

初めてマンションに暮らすなら、帯広の賃貸マンションを探すと良いでしょう。便利な環境の中で快適に暮らして行けます。

Posted by / 2016年 7月 26日