初めての一人暮らし。お部屋探しのポイント

間取りや広さはどのくらいあれば良い?

一人暮らしといえば、大抵が6畳1間になります。もちろん広ければ広いほど住みやすいですが、初めての一人暮らしならまずは6畳あれば十分です。ただし、それ以下の4畳位になると急に狭く感じます。ベットやテーブルを置いたらスペースがなくなってしまいます。間取りは1Rか1Kがほとんどですが、これはどちらでも良いと思います。ただ1Rだと、6畳の中に冷蔵庫や食器棚を置くとこちらもあっという間に狭くなってしまうので、内覧に行った際などには、なるべく家具家電を置くこともイメージしながら決めるようにしましょう。

ユニットバスか?セパレートか?

一人暮らしの始めのうちは、ユニットバスに抵抗があるかもしれませんが、慣れたらユニットバスもそこまで不便ではありません。夏はシャワーだけが多くなったり、冬にお湯につかりたいときも、一人ならユニットバスにお湯を張れば十分事足ります。入浴剤やアロマなどを上手に取り入れたり、工夫次第でバスタイムを楽しむことができます。また、掃除が楽なのは魅力です。お風呂に入った際に、一緒にトイレもシャワーで流すことができるのであっという間に掃除が終わります。

とにかく大切なのは収納スペースがあるか

1Rや1Kといった6畳の狭いスペースを快適に使うには、収納がポイントになります。ただでさえ狭い玄関に、シューズボックスが無ければ靴があふれてしまいますし、クローゼットや押入れのない部屋は、自分で収納スペースを作らなくてはいけません。タンスなどを置いてしまうと一気に部屋が狭くなってしまいますし、収納スペースが少ないと、物があふれて部屋が汚くなりやすくなってしまいます。どうしても収納が無い場合は、ロフトベットにして下のスペースを収納にあてたりすることも出来ますが、なるべく家を探すタイミングで、収納スペースがしっかり確保できるかは検討するようにしましょう。

札幌市北区の賃貸マンションは、ダブルオートロックといった最新の防犯セキュリティがあるので安全な生活を送ることができます。

意外と多い賃貸!?企業の多くが導入している賃貸というスタイル

サイクルが早いために便利な賃貸

最近では製品の進化の進度が早くなっています。極端な例がパソコンも1年毎にヴァージョンアップをして、昨年発売になったモデルが今年は既に旧モデルになっていることも多々あります。そう考えるとパソコンでも一度購入してしまうと、それが壊れるまで使い続けることになり、現在のヴァージョンを使い続けている間に年々進化し続けていることになります。そのようなことを背景に企業も機器を導入する際に賃貸にするケースが多くなっています。

パソコンも毎年のように最新版が販売

企業においてコピー機等の複合機は従前から賃貸になっていることが多いですが、最近ではパソコンも賃貸にしている企業が多くなっています。賃貸形式もリースであったりレンタルであったりと早い段階で契約が終了して、新しいヴァージョンに交換ができるような環境になっています。パソコン自体が新しいモデルの販売のサイクルが早くなり、消費者が持っているパソコンのヴァージョンで作業ができなければ、見た目にも差異が発生するため必要なのです。

企業では賃貸で導入磨るものが多い

企業で賃貸で所有しているものはコピー機やパソコンばかりではないのです。従来から企業で車輛を持っているところも多いですが、それらは企業で購入せずにリース等の契約で所有していることが多いのです。車両も5年ぐらい経過すると新しいモデルや機能を持ったものが販売されますし、企業としては車輛等を使用する場合に、企業のりクス管理として万が一のことが発生しにくい新しいモデルと導入しようとする気持ちが高いためです。

帯広市の賃貸は数多く存在していますので、理想的な物件を見つけやすくなります。そのために、快適な生活を送ることができます。