初めての賃貸契約!気をつけたいポイント3選

できるだけ早く行動しよう!

満足度の高い賃貸物件を契約するには、いくつか気をつけるべきポイントがあります。まずは基本として、なるべく早く情報収集を始めてください。進学や転勤で賃貸物件を探す場合はスピードが特に重要です。同じような時期に物件を探す人が多数いるため、競争が激しくなってしまうからです。住むエリアはだいたいわかっているはずですから、不動産業者の場所を調べたり、そのエリアの家賃相場を軽く調べてみるだけでも有効です。先手を打って行動するのを心がける一方で、あせらないことも忘れないでください。

自分にとって大切なポイントを見極めよう!

賃貸物件を探すときは、いくつかの候補を見つけたあとに最終的に契約する物件を決める流れになります。契約する物件を決めるときは、生活する上で自分が大切にしたいことを優先させてください。家賃が最優先事項の人がいるでしょうし、最寄り駅からの距離が最優先の人もいます。持病がある人なら、病院までの距離が大切かもしれません。すべてにおいて満足できる物件はなかなかありませんが、大切にしたいことがわかっていれば、候補のなかから最終的に契約する物件を見つけられるはずです。

物件の下見は必ずしよう

契約したくなる候補が見つかると、不動産業者から物件の見学(下見)を勧められます。物件の下見は必ず行ってください。下見をして損をすることはありません。見取り図や写真だけではわからないことがあるからです。現地へ行ったら、部屋の内部の汚れやカビなどをチェックするだけではなく、ゴミ捨て場のチェックも忘れないようにしましょう。集合住宅の場合、ゴミ捨て場の状態を見れば他の居住者の様子や管理人の仕事ぶりが想像できます。

札幌の賃貸は物件が豊富に出ています。駅までの距離や賃貸料などを明確にして、理想的な物件を重点的に探しましょう。

Posted by / 2016年 7月 24日